2007年度春季大会と研究会ボックス開催のお知らせ

      2007年度春季大会運営委員会

 

 2007年春季大会は、森林学会大会終了後の4月4日(水)に九州大学において開催します。シンポジウムのテーマを「南九州の大規模皆伐・再造林放棄にみる林業構造問題」と設定し、再造林放棄を発生させている木材流通加工、素材生産、森林所有各段階の構造変化に関して、九州在住の会員に報告をお願いしているところです。

また、2007年春季大会でのシンポジウムをより充実したものにするために、2006年8月24日(木)〜25日(金)に「再造林放棄地の現状と対策」と題して、下記のように研究会ボックスを開催します。奮ってご参加頂きますように、案内申し上げます。

日程:8月24日 現地見学会(午後1時:熊本県球磨郡球磨村、球泉洞前に集合)

交流会

8月25日 研究会開催(午前9時半〜午後3時)

司会:枚田邦宏氏(鹿児島大学)

報告者:長島啓子氏(九州大学)「南九州における再造林放棄地の現状」

    三原義之氏(熊本県農林水産政策課)「『皆伐後の植林未済植地の解消に向けたア

クションプログラム』(熊本県)の概要と取り組み」

    犬童義一氏(球磨村森林組合)「放棄地へのボランティア植林の連携体制と課題」

場所:集合場所 球磨村森林組合球泉洞前

   宿泊地 球磨村休暇村バンガロー

研究会 球磨村センター森林(球泉洞入り口横) 2F

   詳しくは:http://www.kyusendo.jp/index02.htm

    (飛行機で来られる場合は、鹿児島空港を利用し、高速バスに乗車し、人吉IC

ス停で下車して下さい。送迎します。)

費用:全日程参加:1泊3食(懇親会代含む) 社会人11,000円、学生6,500

   研究会のみ参加:昼食、資料代 1,000

参加申込み:氏名、所属(社会人か学生かも含む)、参加日程、交通手段、連絡先をE-mailで、7月末日までに九州大学の池江(ikee@ffp.kyushu-u.ac.jp)までお知らせ下さい。

以上