2019年度 東日本林業経済研究会のご案内(予告)

○テーマ 「近年の入会林野における権利・利用・制度の変化(仮)」

 

今年度の東日本林業経済研究会の日程・概要の予告を致します。

〇趣旨:近年、入会の過少利用と言うべき状況が続くなかで、過剰利用を防ぐ目的でかつて制定されていたルールや制度に変化が現れている。2019年度の本研究会では、入会の権利と利用の変化について統計や事例に基づいた現状理解に関する研究報告とそうした変化についての法社会学理論的な解釈に関する研究報告を予定している。これらの報告をふまえて、上記の変化の研究上の位置づけと望ましい政策のあり方を議論したい。

〇日程:2019年9月12日(木)午後 研究会、懇親会
          9月13日(金)午前 羽黒山周辺でのエクスカーション
〇場所:山形県鶴岡市

座長:山本信次(岩手大学)
報告者:高村学人(立命館大学)
     山下詠子(東京農業大学)
     林雅秀(山形大学)

※ エクスカーションでは近世の入会の境界地争い、出羽三山神社が保有する高蓄積林分、伝統的なツーリズムなどに関連した現地見学ができるものと思います。