林業経済学会2014年春季大会のお知らせ

大会日程・会場
2014年3月30日(日) 9:00〜18:00
(17:00〜定期総会) 
*終了しました

東京大学農学部弥生講堂
(一条ホール:農正門入って右)

  9:00 開会
  9:10 大会報告(45分x4、途中休憩10分)
 12:20 コメント
 12:35 休憩
 13:40 質疑、討論
 17:00 定期総会
 18:00 懇親会
 
大会参加費:
一般会員1,000円、学生会員500円 懇親会費:一般3,500円、学生1,500円

大会シンポジウム統一テーマ
「国立公園の新たな管理へ向けて−ニーズの変容と制度的対応−」

シンポジウム登壇者および論題(一部仮題)

座長:山本 信次(岩大)

報告者
 土屋 俊幸(農工大)我々にとって国立公園とは何なのか?-地域制自然公園の意義と可能性-
 村串仁三郎(法大)1970年代初頭までにおける国立公園の〈保護と利用〉の対立
 愛甲 哲也(北大)国立公園の計画と管理の今日的課題—大雪山国立公園を事例とした検証-
 三浦 大介(神奈川大)自然公園における地熱開発の法的課題

コメンテータ:下村 彰男(東大)

土屋論文

趣旨:こちらをご覧下さい。

補足情報(クリックすると大きくなります)

交通アクセス(クリックすると大きくなります)

 


お問い合わせ: 2014_spring#jfes.org
      (担当:古井戸宏通。#は@に変えて下さい)

 *終了しました

林業経済学会 The Japanese Forest Economic Society