研究会Box: 「少し視点をかえて福島の林業のあり方を考える」

日時:2021年11月13日(土)14:00~17:00
開催方法:Zoomによるオンライン配信、事前登録制
定員:100名(無料)

開催目的
昨年のキックオフ・シンポジウムでは、原発事故後の福島林業の現状が共有され、“次の世代へのつなぎ”が課題とされました。今年は、県内各地、各分野で活躍される若手・中堅の方々をお招きし、幅広い視点で福島の森林・林業についてご報告いただき、これからのあり方を考えていきます。ふるってご参加ください。

プログラム
 14:00 開会、会長挨拶「福島と研究会のこの1年」
 14:10 報告1「外から見た福島県の森林・林業」
      福島大学食農学類 准教授 藤野正也氏
 14:40 報告2「“まちづくり”から考える林業のこれまでとこれから」
      古殿町役場 産業振興課 商工観光係長 平松洋昭氏
 15:10 報告3「南会津発・森林を中心とした地域づくり」
      NPO法人みなみあいづ森林ネットワーク 代表理事
      合同会社SCOP 代表社員 松澤瞬氏
 15:50 総合討論 座長 北海学園大学経済学部 准教授 早尻正宏氏、報告者3名
 17:00 閉会

登録方法
11月11日までに以下リンクからお申し込み下さい。
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSfQcxC5sC-tmHYGbYK8OuaqpndPqJrkOeHUnF5nvSp7uPjlrA/viewform?vc=0&c=0&w=1&flr=0&usp=mail_form_link 

問い合わせ先
 fukushimaringyo[at]gmail.com

主催
:福島林業研究会
協賛:林業経済学会(第62回研究会Box)