研究会Box:木材利用促進政策を考える 
         ~木材利用ポイント制度の効果検証と課題抽出~

  

   2013年度から2015年度にかけて木材利用ポイント事業が実施され、2012年度補正予算で450億円、
  2013年度補正で150億円が投じられました。同事業は、木材の利用に対してポイントを付与すること
  で発揮される地域材利用の需要拡大効果により、森林の適正な整備・保全、地球温暖化防止及び
  循環型社会の形成に貢献するだけでなく、第一次産業をはじめとした地域産業、ひいては農山漁村
  地域経済の振興といった波及効果が期待されました。
  本シンポジウムでは、これらの効果を客観的かつ多角的に分析・検証するとともに今後の木材利用
  促進に向けた施策の在り方を考えます。
   是非ご参加戴けますようよう、宜しくお願い申し上げます。

□日 時:2016年3月16日(水)14時00分~17時30分(13:30開場) *終了しました
□会 場:東京大学農学部フードサイエンス棟2階中島ホール 
       http://www.u-tokyo.ac.jp/campusma/cam01_07_14_j.html
□共 催:木材利用システム研究会
       林業経済学会、東京大学アジア生物資源環境研究センター
□後 援:公益社団法人国土緑化推進機構
□定 員:80名(定員になり次第、締め切らせて戴きます)
□参加費:無料(但し、情報交換会は実費3,000円)
□申込期限:平成28年3月9日(水)
□申込方法:木材利用システム研究会HPhttp://www.woodforum.jp/ からお申し込み下さい。

~プログラム~

■挨拶
14:00-14:05 東京大学アジア生物資源環境研究センター教授 井上雅文
14:05-14:10 公益社団法人国土緑化推進機構専務理事 梶谷辰哉

■セッション1:事業推進に向けた活動の報告
14:10-14:30 木材利用ポイント事業について
         (林野庁 発表者未定)
14:30-14:50 山形県の木材利用促進の取り組み
         (山形県木材産業協同組合専務理事 大隅尚行)
14:50-15:10 タマホームの国産材利用の取り組み
         (タマホーム㈱購買部木材建材課課長 谷 猛)

■セッション2:事業の検証結果報告
15:25-15:35 事業の結果概要
         ((株)農林中金総合研究所 安藤範親)
15:35-15:50 事業実施の経済効果
         (三菱UFJリサーチ&コンサルティング(株) 佐藤淳)
15:50-16:05 都道府県の事業に与えた影響
         (森林総合研究所四国支所 志賀薫)
16:05-16:20 工事業者・供給業者の対応
         (森林総合研究所林業経営・政策研究領域 青井秀樹)
16:20-16:35 ストーブ業者の対応
         (岩手大学農学部 伊藤幸男)
16:35-16:50 認証材の利用動向
         (筑波大学生命環境系 立花敏)

■検証結果の講評:東京大学大学院農学生命科学研究科教授 鮫島正浩
■討論:木材利用ポイント制度は木材需要拡大に効果的であったか?
■コメント:東京大学生産技術研究所教授 野城智也

☆情報交換会:17:50~