2014年度 東日本林業経済研究会

9月10日 関連企画 林業経済学会研究会box「林政研究の課題と方法」第3回目
9月11日 東日本林業経済研究会 シンポジウム
9月12日 東日本林業経済研究会 エクスカーション

●東日本林業経済研究会 シンポジウム
(1)日時
 2014年9月11日 10:00〜16:00

(2)場所
 筑波大学東京キャンパス文京校舎119講義室
 地下鉄丸ノ内線茗荷谷(みょうがだに)駅下車「出口1」徒歩2分程度
 http://www.tsukuba.ac.jp/access/bunkyo_access.html

(3)テーマ:ポスト流域林業政策期(or 2000年代ビジネスモデル期)における
産地形成の多様化(仮)(我が国の素材生産量は上記4地域に集中している。これ
らの4地域を取り上げ,2000年代以降の需要構造の変化にともない,木材流通・素
材生産の機能,資本の性格が地域によって異なる方向・仕組みで大きく変化して
いることについて,討論する。報告内容は,林業経済研究所が実施している調査
事業の成果を基にしている。)

(4)報告者
 北海道の報告 早尻正宏(山形大学准教授)
 東北の報告  大塚生美(林業経済研究所研究員)
 北関東の報告 餅田治之(筑波大学名誉教授)
 九州の報告  興梠克久(筑波大学准教授)

(5)座長・司会進行
 立花敏(筑波大学准教授)

(6)コメンテーター
 石井寛(北海道名誉教授)または嶋瀬拓也(森林総合研究所北海道支所)に依
頼予定

(7)当日のスケジュール
 10:00〜10:10 趣旨説明
 10:10〜10:40 早尻報告
 10:40〜11:10 大塚報告
 11:10〜11:40 餅田報告
 11:40〜12:10 興梠報告
 12:10〜13:30 昼食
 13:30〜14:00 コメント及び座長による論点開示
 14:00〜15:50 討論
 15:50〜16:00 事務連絡等

(8)夜の懇親会について
 全体懇親会はもうけません。各自都内各所でいくつかのグループに分かれて自
由に行ってください。

(9)参加費について
 現時点で資料代1,000円を予定していますが,変更する可能性もあります。

(10)宿泊について
 各自準備してください。

●東日本林業経済研究会 エクスカーション(9月12日)
 中国木材鹿島 または トーセン(那珂川など)などを検討中。


☆関連企画
9月10日 林業経済学会研究会box「林政研究の課題と方法」第3回目
・筑波大学東京キャンパス

森林資源管理と制度・政策 座長:土屋俊幸
①資源政策・産業政策の展開過程 山本伸幸
②森林法の展開と公益性 古井戸宏通
③戦後性の克服と地域森林管理 志賀和人
コメンター:石崎涼子


参加申し込みは年度明けてから改めてご案内します。

<問い合わせ先>
興梠克久(こうろきかつひさ)
筑波大学 生命環境系 森林資源社会学研究室
〒305-8572 つくば市天王台1-1-1
Tel & Fax:029-853-4702(直通)
E-mail: kohroki.katsuhisa.gu■u.tsukuba.ac.jp

■=@に変換