第5回林野誌研究会

話題提供:クリスチャン・ダニエルズ氏
     (東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所教授)
お  題:中国少数民族が営んだ林業-18〜19世紀貴州ミャオ族の山林経営
日  時:6月20日(金)午後2時〜5時
会  場:森林総合研究所関西支所会議室(近鉄・京阪丹波橋駅歩7分)
http://www.ffpri.affrc.go.jp/fsm/access/index.html

 第5回林野誌研究会は、東京外大のクリスチャン・ダニエルズさんを
お招きし、中国江南の伝統的育成林業(広葉杉)についてお話を伺いま
す。
 従来の林学の教科書では、育成林業は18世紀に日本とドイツで始ま
ったとされてきましたが、中国史研究においては、既に13世紀に南宋
で育成林業とその流通・市場システムが成立していたことが明らかにさ
れつつあります。江南での育成林業としての山林経営は、近世において
も苗族や漢族の間で広く行われ、それは興味深いことに、発達した借地
林業・流通機構や、世界的に特殊な施業体系(挿し木造林、木場作造林)
など、西日本の伝統林業と類似性を持っていたようです。
 ダニエルズさんは、近世(18〜19世紀)の貴州苗族の育成林業に
ついて地域研究を行ってこられました。講演では、少数民族である苗族
が低地の漢族市場に相対して展開してきた山林経営(生産流通から施業
まで)について、歴史史料や多くの写真とともにご紹介いただく予定で
す。日本の林業の出自を考える上でも、重要なお話になるかもしれませ
ん。皆様のご参加をお待ちしています。

 ・二時間ほどのお話と、自由な質疑を予定しています。ご専門に関わ
  らず、気軽に議論にご参加ください。
 ・終了後、近辺での懇親会も予定しています。予約をいただけると助
  かりますが、当日の飛び入りも可能です。
 ・講演は日本語の予定です。

------------------------------------------------------------------------
”(仮)林野誌研究会”について
・専門性を極めるためではなく、森林を考える/見る目を広げるための
 場を作りたいと考え始めました。
・林学のリベラルアーツとしての側面を涵養できればと思います。
・異分野の話題を知ることで、学際的な議論のきっかけを提供します。
・ジャンルは問いませんが、森林に何らかの関係があるテーマとします。
・疲れないよう、サロン的雰囲気で極ルーズに運営します。
・会員制はありませんので、どなたでも参加できます。

世話役/連絡先は…
大住克博 osumi■muses.tottori-u.ac.jp
奥敬一 hoku■tad.u-toyama.ac.jp
山本伸幸 n.yamamoto■affrc.go.jp

(■は半角の@)

-----------------------------------------------------------------------

第1回 高原光さん(京都府大)「古生態資料からみた温帯性針葉樹の植生帯での位置づけ」
第2回 山縣光晶さん(林業経済研究所)「分水嶺の時代 ―ドイツ林学・林業は、いかなる時代に生まれたか」
第3回 柴崎茂光さん(国立歴史民俗博物館)「世界自然遺産の保護による文化や遺構消失の危機」
第4回 横井秀一さん(岐阜県森林文化アカデミー教授)「雑感「今どきの林業技術と人材育成」」