第2回林野誌研究会(仮称)

日時:2013年6月21日(金)13:30〜
場所:森林総研関西支所会議室
http://www.ffpri.affrc.go.jp/fsm/access/index.html
講師:山縣光晶 氏
題目:分水嶺の時代 ―ドイツ林学・林業は、いかなる時代に生まれたか、
その黎明期の時代を文学の世界から読む-

(事前申し込みは不要です。研究会後、懇親会を予定しています。)

内容:
 分水嶺の時代(Sattelzeit:ザッテル=「馬の鞍」、「山の鞍部」の時代)と
は、およそ18世紀から19世紀に移り変わる半世紀を言います。フランス革命、
ナポレオンのヨーロッパ制覇と没落、王政復古と3月革命。市民社会の台頭と広
がりゆく産業革命。疾風怒濤の時代からロマン主義、古典主義そしてレアリスム
スへ。ルソーの教育思想の普及とイエズス会学校の閉鎖、フンボルトとベルリン
大学の創設・・・・・
 ドイツ林学が生まれ、ドイツ林業が現代に続く形を整えていった時期は、まさ
に、ドイツ語圏、いやヨーロッパ全体の大変動の時代でした。この時代に人間と
森との関係は大きく変わり、人々の森や自然に対する眼差し、考え方も多様な
ものとなります。新しい森の文化を生む下地が形成されたと言っても過言では
ないでしょう。
 ドイツの林学や林業は、わが国にも大きな影響を与えていますが、その成立
事情、ひいてはその本質を理解するには、社会全体の動きや精神史(=人々の
思想・信条や心情の動き)から光をあてることが不可欠です。林学・林業内部
から見るだけでは偏った像しか得られません。文学作品は、そのための豊富な
材料を提供しています。文豪ゲーテや、ロマン主義文学を代表するティークや
ノヴァーリス、孤高のヘルダーリン、至宝の女流作家アンネッテ・ドロステ=
ヒュールスホフなどの作品を通して、黎明期のドイツ林学・林業の時代背景、
林学・林業が受容したもの、捨て置いたものなどを読み取り、併せて、人々の
心情や社会における林学・林業のその後の受容、林学・林業の葛藤と変容を
考えます。

企画:大住克博、奥敬一、山本伸幸
問い合わせ先:山本伸幸 n.yamamoto■affrc.go.jp

(■は半角の@)