林業経済学会 2012年秋季大会発表要旨
大会日程

【 日時 】2011年11月10日(土)〜11日(日)

【 場所 】東京農業大学世田谷キャンパス(東京都世田谷区桜丘1-1-1)

林業経済学会 2012年秋季大会 案内

発表要旨集
発表要旨集(pdf形式) 一括ダウンロード 約4.5MB
10日(土)
A会場 1号館313教室
A01 金山知広 地域材流通の再編と組合経営−愛知県三河地域を事例として−
A02 嶋瀬拓也 合板用素材の需給に関する経済地理学的検討
A03 大塚生美ほか 木材加工工場の大型化にともなう原木集荷の現局面
A04 多田忠義ほか 東北日本における木材チップ生産構造の変遷と取引コストによる分析
A05 丸山佳久 森林・林業の会計システムに関する考察−立木資産の会計処理の調査から−
A06 浜本拓也 森林・林業再生プラン下での市町村森林整備計画策定の実態−北海道の市町村を事例として−
A07 平野あゆみ 北海道における准フォレスターの現状市町村森林整備計画への関わり方を中心に−
A08 大石卓史ほか フォレスター候補者の活動状況と今後の展望
A09 小菅良豪ほか 林業作業員の実態と森林・林業再生プランの人材育成策とのギャップについて
A10 奥山洋一郎ほか 民国連携による森林管理の展開状況−フォレスター候補者の活動に着目して−
A11 大地俊介 森林所有類型別にみた国有林地元市町村の現状分析
A12 澤登芳英ほか 里山保全の現状と課題
B会場 1号館312教室
B01 柴崎茂光ほか 屋久島における観光需要の変化について
B02 富永真子ほか 教育旅行型グリーンツーリズムにおける地域の関わり方−長野県飯田市を事例に−
B03 山田義人ほか グリーンツーリズムにおける地域の関係者の実態−石川県能登島を事例として−
B04 発表時間変更  
B05 荒川英莉ほか 地域制自然公園における協働型管理体制構築の可能性−日光国立公園奥日光地域を事例として−
B06 光林憲勝ほか レクリエーション事故の責任の所在とリスク認識
B07 前川洋平ほか 「伝統的工芸品産業の振興に関する法律」の効果に関する一考察
B08 井上真理子ほか 専門高校教科書「森林経営」に見る森林・林業教育の現状と課題−森林計画を中心に−
B09 相川高信 エネルギー自治の研究からの森林・林業ガバメント/ガバナンス論への展開
B10 源関絢ほか 紛争事例から見た国立公園ガバナンスの実態と課題−南八甲田登山道管理への関係者を中心として−
B11 甲野毅 主体的な共有緑地保全活動への参加過程の検証−都市集合住宅におけるグリーンワークショップ実践事例からの報告−
B12 古井戸宏通 保安林制度の今日的意義−転用規制と内部制御−
B13 三木敦朗ほか 山梨県における狩猟者の実態把握−アンケート調査に基づいて−
11日(日)
A会場 1号館313教室
A13 山下詠子 入会林野および旧入会林野の実態把握
A14 岡田秀二ほか 生産森林組合の現状と可能性−岩手県一戸町N組合を事例に−

A15

垂水亜紀 山村住民の所得形成に関する一考察
A16 林宇一ほか 2005年までの国勢調査における雇用者・非雇用者別林業労働者
A17 平原俊ほか 都市林保全運動の展開過程と住民組織の形態−鎌倉広町緑地を事例として−
A18 田村和也 林家の林業活動についての意向と作業実施率との比較検討−各種の林業経営意向調査と農林業センサス等統計調査を用いて−
A19 小川繁幸ほか 森林・林業分野のCSR活動に対する企業の意向と課題−東証二部、大証二部等の上場企業を対象としたアンケート調査から−
A20 齋藤和彦 沖縄県国頭村の森林の戦前・戦後史−貴重な生き物が生息する森の履歴−
B会場 1号館312教室
B14 道中哲也ほか カンボジアにおける森林面積変化の社会経済分析
B15 馬虹蘊ほか 中国雲南省シーサンパンナ州における天然ゴム林の生産実態
B16 岩永青史ほか インドネシアの木材加工産業における原木調達の動向−ジャワおよびカリマンタンの事例−
B17 相楽美穂 FPICの課題
B18 小坂香織 ニュージーランド林業におけるパートナーシップ造林の仕組み
B19 堀靖人 ドイツにおける木材取り引きの大口化−シュバルツバルト地域の事例−
B20 高橋卓也ほか 米国における外国人森林所有の実態および対応する規制
B21 山本伸幸 フィンランドにおける森林管理賦課金の成立と展開
B22 木村憲一郎ほか 林業先進国との比較による我が国森林行政の課題