2011年国連国際森林年
名古屋市立大学 市民シンポジウム

(第21回 林業経済学会研究会Boxとしても開催されます)

1 趣旨・内容 生物多様性条約第10回締約国会議(COP10)開催を
  契機に、生態系サービス(特に森林ネットワークなど)を活用する
  ような地元での取り組みが重要となってきています。その一方で、
  先の大震災を受け、エネルギー源・防災機能を持つ森林の役割に
  国民的な関心が高まってきています。
   こうした状況を踏まえ、このたび本学では、「森林・林業白書」
  の概要について林野庁の担当者からお話を伺い、その後、地域で
  活動する専門家を交えて、森林ネットワークの可能性について議論
  をする市民シンポジウムを開催いたします。

2 日時 平成23年7月28日(木)午前10時〜(正午終了予定)

3 場所 名古屋市立大学病院 病院中央診療棟3階 大ホール
     (名古屋市瑞穂区瑞穂町字川澄1)
4 対象 一般・学生
5 定員 150人(当日先着順・申込不要)
     ※参加者には、「植物の種」をプレゼントします。
6 内容 1名古屋市立大学学長挨拶
     2講演「森林・林業白書(平成23年度版の概要)」
      講師:福田 淳  氏(林野庁企画課年次報告班)

     「森林・林業再生プラン」を受けて森林計画制度や森林政策
     が変わろうとしています。「森林・林業白書」平成23年度
     版を執筆された福田さんをお招きし、森林管理や木材利用に
     関する最新の取り組みや森林政策をご講演いただきます。

     3パネルディスカッション「森林ネットワークの可能性を考える」(案)
      パネリスト:福田 淳  氏(林野庁企画課年次報告班)
      蔵治 光一郎氏(東京大学大学院 農学生命科学研究科
             附属演習林 生態水文学研究所 准教授)
      コーディネーター:香坂 玲(名古屋市立大学経済学研究科准教授)
7 主催等 主催:公立大学法人 名古屋市立大学
      後援:林野庁(予定)・愛知県(予定)・名古屋市・
         東京大学演習林生態水文学研究所・アイシン精機株式会社・
         中日新聞社

  担当課等 名古屋市立大学事務局学術課
         電話 052−853−8041